旧脇本陣柳屋旅館 蔵座敷

🌺旧脇本陣柳屋旅館 蔵屋敷とは

江戸時代、本町には約50軒の旅籠が軒を連ね、大名や幕府の役人が宿泊する本陣、脇本陣が置かれていました。
 この蔵座敷は旅籠町として栄えた本町の面影を今に伝える重厚で趣きのある歴史的な建造物です。 文化元年(1804)の建築で、明治14年(1881)、明治天皇が東北・北海道を巡幸した際に、ここを休憩所(往路)・宿泊所(復路)として利用しました。内部には、違い棚、床の間、付書院などを備えた書院造の座敷があり、つるべ井戸(明治天皇が使用)も残されています。
 蔵座敷の建物は平成26年に市へ寄贈されましたが、老朽化や東日本大震災の影響により損傷がみられたため、平成27年8月から平成30年3月にかけて修復工事が行われました。

    蔵座敷略年表
和暦 西暦 出来事
文化元年 1804 棟上(6月)
明治10年 1877 白河大火(4月)
明治14年 1881 明治天皇の宿泊所等に使用(8月、10月)
明治15年 1882 白河大火(3月)
平成23年 2011 歴史的風致形成建造物指定(7月)
平成27年 2015 修復工事着手(8月)
平成30年 2018 修復工事完成(3月)

🌺歴史的風致形成建造物とは

白河市歴史まちづくり計画で定める重点区域内において、地域の歴史的風致を形成し、さらに良好な歴史的風致を高めるために必要かつ重要と認められる建造物を「歴史的風致形成建造物」に指定し、保全していく制度です。

🌺脇本陣とは

勅使や公家、大名、幕府の役人などが公用で止まる宿が本陣で、それに準ずる宿を脇本陣と言います。施設の格式としては本陣に次ぐもので、一般の旅籠(宿屋)よりも高い格式を備えていました。
柳屋は奥州街道白河宿の脇本陣です。戊辰戦争白河口の戦いの際は新選組隊士も滞在した記録があります。
明治天皇の明治14年(1881)の巡幸では、柳屋の蔵座敷が休憩所・宿泊所として使用されました。

🌺蔵の機能・役割

建物の構造は、土蔵造で、柱などを土壁で覆いさらに壁の表面を漆喰に仕上げています。この構造は、火事の際に延焼を防ぐ効果があり、小峰城下では敷地の西側に土蔵が置かれ、西側から吹く風による延焼に備えていました。屋根は土入り置屋根と呼ばれる造りで、これも火災の延焼に備えたものです。



🌺利用案内

開館時間

🔴見学 午前10時~午後16時
🔴貸館 午前8時~午後20時

休館日

🔴月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
🔴年末年始(12月28日~1月4日

見学

🔴無料(※貸館利用時には、見学をお断りする場合があります。)
🔴見学を希望される際は、蔵座敷入り口の管理人にお声掛けください。

貸館

🔴有料(利用形態により使用料金が変わる場合があります。)
🔴事前にお申し込みが必要です。
<お申し込み先>指定管理者:株式会社 楽市白河(〒961-0905 白河市本町2番地 マイタウン白河) 電話0248-27-1448

 

🌺アクセス

🔴 福島県白河市本町66番地

旧脇本陣柳屋旅館 蔵座敷(きゅうわきほんじんやなぎやりょかん くらざしき)では、見学と貸館を行っています。
なお、入館の際にはマスクの着用や手指のアルコール消毒等の感染拡大防止対策にご協力くださるようお願いいたします。

🔴申込み・お問い合わせは・・・
 株式会社 楽市白河

 〒961-0905  福島県白河市本町2番地
 TEL 0248-27-1448